読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青色の空に神様がきた

Twitterの140字では書ききれないあれこれを。ブログに述べられている考察は、あくまで筆者のブログ執筆当時の考えであり、当然ながら日々勉強したり議論したりする中で考えが変わることもあります。また、このブログはいち大学院生の個人ブログであり、いかなる機関の公的見解を示すものでもありません。

ずぶ濡れでも雨宿りでもない、もうひとつの選択肢

こんな名言を前にしたらもう何も語れない pic.twitter.com/tKejVg7oLf — Äa-bot (@aabotbot) 2017年4月12日 「やまない雨はない」って軽々しく言うな論争が、Twitterで繰り広げられている。 「辛い」「頑張って耐えろ。止まない雨はない」「将来の話じゃなく…

大学卒業のご報告(と雑感)

フェイスブックより先にブログを更新するところが、わたしらしいですね(笑) タイトルの通り、無事に東京外国語大学を卒業して、大卒資格(学士号)を手にしました。 わたしはこれから修士課程に進むので、(結果的に)学士は通過点に過ぎないような印象を…

運命を司る人智を超えた存在って居ると思う

まいどブログのタイトルをつけるのが下手で申し訳ありません。怪しい宗教の勧誘ではありません。 少し前だけれど、永田カビさん作の『寂しすぎてレズ風俗に行きましたレポ』と『ひとり交換日記』を読んだ。永田カビさん自身の経験をもとにしたエッセイ漫画で…

東京外大の3年次編入を受けたいと思ってる君へ

ツイッターで東京外大の3年次編入を受けたいと思っている人に、フォローされたりDMで質問を受け取ったりすることが多いので、いちどまとめておきたいと思います。 まずみんなが気になる倍率ですが、表にまとめてみました。自分が追いかけた過去3年を、表にし…

映画『永い言い訳』の感想と考察(※ネタバレ注意)

※ほとんど自分用メモなので文章が雑です。 ・冒頭のシーンで、いきなり「奥さんが旦那さんの髪を、家で切っている」ということに対する違和感→あとで伏線回収。見事。 ・登場人物たちの「髪が伸びる」ことが、「時間の経過」と「切ってくれる人の不在」のふ…

おばあちゃんの話

わたしの父方のおばあちゃんの話をどこかに書いておきたいので、ここに書いておく。 短大の2年生だった頃、わたしはよくひとりで父方のおばあちゃんの家に遊びに行っていた。マイブームみたいなものだったかもしれない。おばあちゃんは山梨県の甲府盆地のあ…

大学院合格によせて

無事に第一志望の大学院に合格しました。応援してくださったみなさま、ありがとうございました。とりわけ、4月~5月にわたしが病んでいたときに(「病み期」ってやつですね笑)ご飯に誘ったり遊びに連れ出してくれた方々に、あつくお礼申し上げます。 わたし…

毒親ってなんだろう

最近、ネット上で「毒親」関連のコンテンツをよく見かける気がします。その多くのものは、毒親のもとで幼少期を送った人が自分自身の経験をブログやマンガで発信する、というものです。わたし自身も「毒親育ち」との自覚があり、そういったコンテンツはつい…

自殺したいと思っている君へ

連日心が暗くなるニュースが続きますね。特に相模原の事件は、多くの人にとって衝撃だったと思います。 そしてまったく個人的なことですが、先日わたしにすごく良くしてくれていた先輩が自殺しました。理由などはプライバシーがあるので伏せますが、それもわ…

「想像力の欠如」問題についてわたしが思うこと

わたしが2,3年前から「推し」ている、ルポライターの鈴木大介氏の東洋経済の連載が、先日ネットで大きな反響を呼んでいた。貧困報道の「解釈」をめぐる記事だ。 toyokeizai.net わたしもアカデメイアの端くれにいる人間(自称)なので、「出典」を大事にし…

わたしと妹の性格がちがいすぎるという話

今、母と妹と3人で話をしていて、「我発見せり」みたいな想いがあったので書き留めておく。 今日は半日かけて大学院の研究計画書を書いていたのだけれど、6割程作ったところで、本当に私は今年大学院を受験するのだろうか…という想いが出てきてしまい、グダ…

自己責任と"コジンシュギ"

眠くてブログなど書けないと言いつつ、ひとつ書き留めておきたいことを思い出したので。 昨年度の冬学期に受けた社会学系の集中講義の授業で、その授業の先生と「真の『個人主義』とは何か?」という話をした。 日本社会では、何かというと「自己責任」論が…

新大学1年生に伝えたいこと

こんばんは。 この時期になると、「大学新入生に伝えたいこと」という趣旨のブログ記事が増えますね。別に大学1年生じゃなくても役に立つことが多く、私も興味深く拝見させていただいております。 一方で、いつも感じることがあります。それは、「これって、…

昨今のマスコミの倫理低下の解決策を考えてみた

こんばんは。こゆきです。 「マスコミの腐敗」がネットでは大きなトピックですね。先日、藤原帰一先生がこんなツイートをしていました。 左翼か右翼か、親日か反日かなどという尺度で、報道を評価する人がいます。でも、ほんとはそれは問題じゃない。状況を…

「奨学金」問題について私が思うこと

「奨学金」問題が連日話題になっていますね。 私がTwitter上で記事をシェアしたり、リツイートしたときの反応の多さでも、この問題への関心の高さがうかがえます。 よく言われることだけれど、教育分野というのは「一億総評論家」の分野なので、当然といえば…

日本における自殺をめぐる状況

寝れないついでに、もう1本ブログを。 基本的には、おとついくらいにTwitterに上げたデータの再掲です。 日本人の人口比率と、自殺者に占める割合の比較。20-29歳では、人口に占める割合が10.71%、自殺者に占める割合が10.29%なので、まぁ同じくらいかな、と…

日本は本当に「若者の自殺が多い国」なのか?

きっかけは、このネット記事だった。 PRESIDENT Online: 絶望の国 日本は世界一「若者自殺者」を量産している http://president.jp/articles/-/17058 タイトルの通り、日本は「若者の自殺」が多いというもの。 マスメディアでも連日言われていることだし、自…

「戦争」を考える

iPodをシャッフルで再生していたら、この2曲がたまたま続けて再生されたので、感じたことをそのまま書いてみる。 1曲目は、Bob Dlylanの"Blowin' in the wind"。 www.youtube.com 以下に、英語の歌詞と和訳を書きます。いちおう自分で訳しました。 (英語) …

リマインダ*今の私にとって大切なこと

ここ数週間、ずっと同じことをぐるぐる考えていて、頭の中が堂々巡りなので、頭を整理する意味と、それから繰り返し読み返せるように、今考えていることをここに書き留めてTwitterのプロフィールに固定したいと思います。 私の大学3年生の間の目標みたいなも…

セカオワ新曲『SOS』に思うこと

このタイミングでSEKAI NO OWARIが『SOS』というシングルをリリースすること自体、偶然とは思えなくて(本当はただの偶然なのだけれども)、これについては何か書かねばならない、というようなことをしばらく前からずっと思っていたので、雑ではあるけど感想…

昨今の政治的あれこれについての私の考えまとめ*ざっくり

昨日、Twitterをながめていたら、高校生と思われる男の子(?)が、安倍政権が嫌いと思われる人(ネトウヨに、いわゆる"反日サヨク"と呼ばれている人)に延々と陰謀論を語られていた。口をはさもうと思ってやめた。私の経験上、ネトウヨも、反日サヨクも、延…