読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青色の空に神様がきた

Twitterの140字では書ききれないあれこれを。ブログに述べられている考察は、あくまで筆者のブログ執筆当時の考えであり、当然ながら日々勉強したり議論したりする中で考えが変わることもあります。また、このブログはいち大学院生の個人ブログであり、いかなる機関の公的見解を示すものでもありません。

リマインダ*今の私にとって大切なこと

 ここ数週間、ずっと同じことをぐるぐる考えていて、頭の中が堂々巡りなので、頭を整理する意味と、それから繰り返し読み返せるように、今考えていることをここに書き留めてTwitterのプロフィールに固定したいと思います。

 私の大学3年生の間の目標みたいなものです。いつまで継続するかは特に決めていません。

 

【今の私にとって大切なこと】

①「まわりがダメだから相対的に自分が高く評価される」ということに頼らない(で自分の実力を磨く)。

②絶えず本を読む(常に「読みかけ」状態の本が1冊以上あるように)。

③秋学期が終わるまでの就活は必要最小限にして勉強に集中する(まったくやらない、というわけにはいかないようです……)。

④自分の直感を信じて行動する。

 

 ①については、高校時代にアホほど本を読んだことと、短大時代にちまちま積み上げた知識の蓄積だけで最近生きている感じがして、新しいことを吸収していないからこのままでは努力家の同級生たちにウサギとカメの原理で抜かれてしまう、というような感覚が強くあって、自戒の意味もこめてこの目標を立てました。②については、これもツイートしたけれど、もうプロフィールの趣味欄に「読書」と書けないくらい読書から遠ざかっているので、せっかく通学時間が長いので意識して本を読もうと思って書きました。今思い出したけど村上春樹の新作も読みたい。③については、文字通りです。やたらと早い時期から動いている同級生を見て焦る気持ちがないわけではないけれど、秋学期が終わるまでは勉強最優先でいこうと思います。せっかくこんな素晴らしい大学で勉強するチャンスに恵まれたのだから。それに、私は広義の「就活」はずっと前からやっていて、もう履歴書を出す以前のことは夏までにすべてやっている気もする。④については、最近自分を見失っているような気がして、短大時代の自分のほうが明らかに強気だった、と自覚したので、東京外国語大学に合格した頃の自分を思い出して強気に生きたいと思って書きました。

 

 以上です。