青色の空に神様がきた

Twitterの140字では書ききれないあれこれを。ブログに述べられている考察は、あくまで筆者のブログ執筆当時の考えであり、当然ながら日々勉強したり議論したりする中で考えが変わることもあります。また、このブログはいち大学院生の個人ブログであり、いかなる機関の公的見解を示すものでもありません。

【最新版】auからIIJみおふぉん(格安ケータイ)にMNPで乗り換えてみた【スケジュール完全公開】

auからIIJみおふぉんにMNPで乗り換えるまでのスケジュールを完全公開したいと思います。

 

事前準備

GW中に表参道のApple storeSIMフリーiPhone SE 128GBを購入しました。

格安ケータイへの乗り換えは、すでに持っている端末で行うのが一般的ですが、

auiPhoneの場合、iPhone6より古い端末(iPhone6含む)ではSIMロック解除ができないこと

⑵使用していたiPhone6が16GBで、常に容量不足に悩まされていたこと

⑶よく海外に行くので、SIMフリー端末を持っていることが望ましいこと

の三つを理由に、SIMフリーiPhoneを新たに購入しました。

SIMロック解除できる端末を持っている場合は、auのSIMロック解除のページから解除手続きをしましょう。ネットでSIMロック解除をする場合は、解除料は無料です(auショップへ行くと手数料を3千円取られます)。

 

Day 1(木曜日)

13:30 auMNP予約番号を発行してもらう手続きをする。0077−75470へ電話をかけると、音声ガイダンスの後にオペレーターさんと電話がつながります。言葉巧みにiPhone7を購入することを勧めてきたり、これからもauのキャンペーン情報のメールを送り続けて良いかなどを尋ねてきますが、すべて断って予約番号を発行してもらうことだけを目標に通話を乗り越えましょう。通話の最後に口頭でMNP予約番号を教えてもらえます。通話時間は10分ほどでした。

発行された予約番号は、通話終了の数分後(今回は13:51)にSMSでケータイに送られてきます。なので、通話中にメモを取り忘れたり、間違えてメモしたりしてても大丈夫です。

なおMNP予約番号を発行しただけではauは解約になりません。MNP予約番号は15日で期限が切れるようになっており、期限が切れた場合は何度でも再発行できます。

 

13:45 IIJのウェブサイトからSIMカードの申し込みが完了。

わたしの場合はすでにIIJのデータSIMを持っていたので申し込みが早かったのですが、新たにIIJのアカウントを作る場合はもう少しかかるかもしれません。

 

13:46 IIJから、本人確認書類画像をアップロードするよう求めるメールが来る。なお、このメールは文字列の都合なのか(?)迷惑メールフォルダへ振り分けられてしまう確率が非常に高いので、申し込み完了して数分しても本人確認以来のメールが来ない場合は、迷惑メールフォルダを確認しましょう(通常は申し込み完了後、すぐに来ます)。

 

16:17 ケータイで運転免許証の写真を撮り、メールの指示にしたがってアップロード。すぐにIIJから折り返し「本人確認書類画像受付完了」のメールが来る。

 

Day 1はこれで終了です。

 

Day 2(金曜日)

15:15 IIJから本人確認完了のメールがくる。 他のかたのブログも拝見したのですが、15時前後に来ることが多いようです。

 

Day 3(土曜日)

18:54 IIJからSIMカードを発送したというメールがくる。後でクロネコヤマトに問い合わせてみたところ、実は17:20には荷物の受付をしていたようです。

わたしは休みの日は午前中に起きない人間なので(笑)、クロネコヤマトのアプリから荷物の受け取り時間を14−16時に指定しました(再配達を頼むのは申し訳ないのでね)。

 

Day 4(日曜日)

15時すぎ SIMカードが自宅に到着。ヤマトのお兄さんいつもありがとう。

15:25 IIJの開通センターに電話をする。こちらは自動音声ガイダンスのみで、通話は2分ほどで終了。

16:27 auから、「解約完了」のメールがくる。これもなぜか迷惑メールフォルダに入ってました。ここでauiPhoneが「圏外」になる。

16:40 IIJから「MNP転入手続き完了のお知らせ」メールが来る。

新しいSIMカードiPhoneに装着し、SIMカードに同封されていた書類の指示に従ってIIJmioのプロファイルをインストールして設定完了。

 

SIMが届いて即日開通です。

 

特に曜日とかは関係なく、MNP予約番号発行から4日で乗り換えが完了するというのが最速(今回のケース)だと思います。

電話が使えない「空白期間」は、今回の場合はau解約完了からIIJの手続きが完了するまでの13分間でした(もしかしたらIIJはもっと早く使えたのかもしれませんが、「転入完了」のメールが来るまでSIMをiPhoneに装着しなかったので…)。

なお、手続きをすべてWi-Fiのある環境で行えば、一時的に使えなくなるのは電話だけでLINEその他のスマホの機能はすべて継続して使えます。

 

***

 

いくつか注意点。

⑴本体代の支払いが残っている場合は、引き続きauに本体代を払う必要があります。これからも分割で払い続けるか、今月の支払いで残りの本体代金をすべて支払ってしまうかを選べるようです。MNP予約番号発行の電話のときに、オペレーターさんにどちらがよいか伝えましょう。

MNP予約番号の発行には手数料3千円、さらにMNP転出が完了すると¥10,260(税込)の違約金(2年に1回の解約月以外に解約する場合)が発生します。しかし、本体代金の支払いが終わっていてもauスマホは維持するのに月々最低5千円はかかるのだから、それを思えば違約金を払ってでも格安SIMに変えたほうがトータルでは安く済みます。

MNPで乗り換えをする場合、元の契約名義(今回の場合はauスマホ)と転出先(今回の場合はIIJ)の名義が(住所なども含め)完全に同じである必要があります。加えて、SIMカードは契約に使用されている住所のところに配達されて来ます。なので、実家の住所でケータイを契約して今ひとり暮らしをしている人などは注意が必要です。

 

***

 

月々のケータイ料金は。

わたしの場合、家と大学を往復するだけの日々で、家にも大学にもWi-Fiが飛んでいるので、通信容量は月々3GBで足ります。

したがって、

900円(データ3GB)+700円(音声通話機能)+300円(留守番電話)=1900円(税抜き)

になりました。

留守番電話機能はオプションなのですが、ないとどうしても困るので付けました。

なお、IIJには電話かけ放題プランなどもあるのですが、1ヶ月に満30分間電話をかけないと元が取れない金額だったので、かけ放題プランには入りませんでした。友だちはLINEやスカイプで十分だし、そうそう電話なんかかけないよ。なので実際は、ここにさらに10円/30秒の電話代が追加されます。

格安SIMの場合は、デフォルトでテザリングiPhoneで言うところの「インターネット共有」)が使えます。なのでひとり暮らしのひとは、iPhoneをポケットWi-Fiの代わりとして使うことも見越して、6GBとか10GBとか大きめの容量で契約しても、インターネットを契約するより安く上がるかもしれませんね。

わたしはMNP転入する以前からIIJのデータSIMを使用していましたが、通信品質などに特に不便は感じません。

auテザリングオプションを付けるのになんで追加でお金を取られるのか納得が行かん・・・。

 

***

 

ぜひ参考にしてみてください。

「タバコを吸っていなければベンツが買えた」理論じゃないですが、格安SIMに乗り換えることで浮いたスマホ代であんなことやこんなこともできると想像をふくらませると楽しくなりますよ( ´ ▽ ` )ノ